MENU

小児歯科

Pediatric Dentistry

歯医者の恐怖心をなくす治療を心がけています

歯医者の恐怖心をなくす治療を心がけています

歯医者は恐いという固定観念が虫歯の進行を進めてしまいます

小児歯科といってもそれぞれの医院、先生によって考え方は違います。
私たちは、まずお子様に歯医者を好きになってもらい、お子様が進んで自らの足で歯医者に来ることができるような医院を目指しております。お子様への治療はいきなり治療には取り掛からず、歯磨きの練習をしたり、緊張を紛らわすためにアニメのDVDを見せたりなどして、まずは恐怖心や不安を取り除いてあげることが、非常に重要と考えております。
診療方針はしっかりと、親子様と相談しながら治療・予防を進めていき、丈夫な歯を維持できるような治療を行ないます。

生え変わりの時期には特にご注意ください

子供の歯は大人の歯と比べてもまだ歯の質がしっかりしていないため、虫歯になりやすいのが事実です。
永久歯になっても生え始めの頃は乳歯並に弱く、注意が必要です。子供は乳歯から永久歯に変わる時が非常に虫歯になりやすいので、親子様もしっかり確認してあげてください。乳歯はどうせ生え変わるからと乳歯の虫歯を放置すると、永久歯に問題が起きる可能性があるだけでなく、お子様の発育にまで影響する可能性もあります。

効果的な予防

フッ素コーティング

フッ素は歯の質を強くする自然元素のひとつです。
フッ素単体では非常に危険な物質ですが化合物となれば、安定した物質に変化いたします。フッ素コーティングのように、洗車した後の車にフッ素化合物を塗ってフッ素の膜を作り、汚れが車に直接つかないようにできるといえば分りやすいかと思います。フッ素塗布を上手に利用して、お子様の虫歯を予防しましょう。

シーラント

奥歯の歯というのは常に上下で噛み合い、フッ素も前歯などより剥がれやすくなります。そこで近年注目されているのがシーラントです。シーラントは奥歯の噛み合わせ部分(奥歯の溝)の部分にプラスチックを埋め込んで虫歯の侵入を防ぐものです。噛み合わせ部分の処置ですので、歯と歯の隙間には効果がありません。あくまでも予防の一種ですので、毎日の正しいブラッシングと定期的な予防検診をおすすめいたします。お父さん・お母さんがしっかり毎日見てあげてくださいね。

© 2020 島原歯科医院